睡眠障害を改善するには体内時計」が大切!?

睡眠障害を改善するには体内時計が大切!?

睡眠障害を改善するには体内時計」が大切なのでしょうか?

 

現代人は「睡眠障害」に悩んでいる人が多いといわれています。

 

しかし一口に、「睡眠障害」といっても、人によって
いろいろなタイプにわかれます。

 

「寝ようとして寝床に入っても、なかなか眠気がこない」
→このタイプは「入眠困難型」です。

 

「夜中に何回も目覚めてしまう」
→このタイプは「中途覚醒型」です。

 

「連日寝不足で寝ていたいのに、なぜか早朝に目が覚める」
→このタイプは「中途覚醒型」です。

 

これらのタイプは、単独で悩んでいる人もいますが、
なかには2つないし3つの症状に苦しんでいるという人もいます。

 

このように「睡眠障害」にはいろいろなタイプもありますが、
基本的には生活習慣を見直してみることで、改善が
見込める可能性があります。

 

本来人間は朝日とともに目覚め、日没とともに
眠くなるように「体内時計」が自然に備わっています。

 

しかし眠らない街が広がり、インターネットや
娯楽発達なので、この「体内時計」がくるっている人がいます。

 

こんな状況にある人は、まず朝日とともに
目覚めるようにし、全身に朝日を浴びてみましょう。

 

それを続けることによって、夜に自然な眠気が
訪れるようになります。

 

忙しくて睡眠が摂れません

もう三日も睡眠を摂っていません。仕事が忙しくて横になれないのです。

 

私は販売の仕事をしています。

 

ずっと同僚が休んでいるので、私が同僚の分も代わりに
働いているのです。

 

だから帰りもいつも以上に遅いし、家ではまた
別でする事があるのです。

 

だから睡眠が摂れません。
毎日昼間も眠くて眠くて仕方がないのです。

 

でもあと三日の辛抱なのです。

 

あと三日で同僚は復帰してきます。

 

すると私は三日の休みがもらえる事になっているのです。
その三日間は死んだように寝ようと思っています。

 

でもあと三日辛抱できるかどうか、とても心配なのです。
もしかしたら仕事をしながら寝てしまうかもしれません。

 

そうなってしまったらとても困るのです。
でも今の状態があと三日ももつかどうか、とても不安でもあるのです。

 

明らかに私の精神状態がおかしくなってきています。
家でも死人のようだと言われるのです。

 

何とか仕事上では頑張っているつもりなのですが、
これ以上頑張る自信がなくなってきました。

 

今すぐにでも家に帰ってグッスリ眠れる枕
睡眠を取りたいですね。


inserted by FC2 system